Blog

2018.09.01

秋に群れて南に渡り、春に北へ戻っていく雁(がん、かり)。
中国の故事や独特の鳴き声から良い知らせを運び
遠隔の様子を伝える使者として考えられていました。

雁は、「雁行」の様に綺麗な形で、順序よく飛ぶことから
絆を象徴した吉祥も表します。
かつては江戸に名所があり、日本中で見られていたそう。
雁行や鳴き声を調べてみると、今は東北で見れるようです。

ちなみにこの群れは北九州から飛んできました。(仕入れてきました)

黒塗雁蒔絵椀

<  一覧に戻る  >